性的嗜好で自己分析をしてみよう

性的嗜好

貴方の性的嗜好はなんですか?と聞かれるとドギマギしてしまう人が多いかもしれません。しかしこれがなかなか侮れないのです。セックスの傾向は「それが気持ちいい」「満たされる」と思うからこそ、自然と偏っていってしまうもの。この時ばかりは誰も自分を作ったりはしないでしょう。そういう心の底からの奥深い欲求だからこそ、あなたの本質を見ることができるのです。

女性の胸が大好き

世の中の男性の多くはこれに当てはまると思いますよ。女性の胸に性的魅力を感じて、長時間しつこく責めるのです。乳房というのは母性を表していますから、やはりこういうタイプの人はマザコン傾向にあると言えるでしょう。まあ女性も胸をいじられると、相手の男性に対してまるでわが子のような愛情がわいてくるという報告もあります。だから需要と供給が合致していますし、痛くなりすぎないほどほどの愛撫なら良いでしょう。

それに加えてヘビースモーカーだとしたら、幼いころに受けた愛情の量を不足に感じていると思われます。口に何かをくわえるのは、授乳時が人にとっての生まれて初めての経験です。この母子間の愛情のやりとりを求めて、タバコを乳首に見立てて大人になっても補っているのです。

健康を損なうほどにタバコをやめられないのだとしたら、まずそのインナーチャイルドを癒してあげるところから始めるべきでしょうね。

マスターベーションを見せたい

普通のセックスではマスターベーションを見せないと思うのですが、行っている人もいるようです。そもそもこれは人前ではなく、こっそり自室でするものですよね?つまり一般的にいうと「恥」の部分なのです。ですからこれをセックスに取り入れる人というのは、「僕の恥ずかしい部分も含めてすべてを受け入れて、その上で愛してください!」という気持ちが奥底にあるのでしょう。うん、わがままMタイプですね(笑) これは普段バリバリと仕事をしていて、強気でふるまっていなければならない人に多かったりします。こういう人は自分の弱い部分を抑圧して過ごしているので、セックスの場で発散しようとします。SMクラブに通うのは実は会社役員など権力のある方々というのも、こういう理由からきているのでしょうね。

いかがでしたか?ここでは2例しか紹介できませんでしたが、性的嗜好で様々な情報を読み取れるとお分かりいただけたかと思います。魂が求めているものを知ることは、自分を理解する大切なアクションです。自己は死ぬまで長く連れ添う友のような存在ですから、しっかり満たしてあげましょう。それが幸せな人生を送るカギです。

^